新卒はポモドーロテクニックで生産性あげてドヤ顔しよう

f:id:tocguitar1:20170403093046j:plain

4月ですねぇ

いやぁ、きづいたら4月ってなかんじですよ

先週はなんだか飲み会続きで、

今日も新卒社員の歓迎会という名の飲み会です


さて、新卒のみなさんにおかれまして

今日から新たな人生の門出を迎えるかんじで

いらっしゃるとおもわれますが


生産性の乏しい新卒のみなさまにおかれましては

はやい段階で生産性をあげる

テクニックを身に着けておくということが

重要だということは言わずもがなですよね?


そこで生産性をあげるために

非常に有効なテクニックが

ポモドーロテクニック

というわけであります


ポモドーロテクニックとは

発案されたのは1990年代初め、発案者はイタリアの起業家で作家のフランチェスコ・シリロです。「ポモドーロ」とはイタリア語で「トマト」のこと>で、これはシリロが学生時代に愛用していたトマト型のキッチンタイマーから来ています。

ポモドーロ・テクニックの方法とは、短めの作業と短い休憩を繰り返すことです。具体的には「25分の作業+5分の休憩」を1ポモドーロとし、4ポモ>ドーロ(2時間)ごとに30分間の休憩を取ります。これを繰り返します。

ここで大事なのは

単純に作業を短く分割するのではなく、

1ポモドーロ内できめたタスクを完了させる

ということです


つまり、タスクの見積もりが発生するわけですが、

この見積もり精度は恐らく最初はかなり悪いです


しかし、ポモドーロテクニック

使い続けることにより

この精度はよくなっていくのでご安心を


この精度があがってくると

自分の正しい生産性というものが

理解できてくるとおもいます


そして、この25分の作業を行い、

5分の休憩というサイクルが

非常に集中力をあげ、生産性を高めてくれます


まぁ、職場環境や業務内容によっても

違うし、様々な割り込みが入ってくるので

うまくハマるひととハマらないひとがいるとおもいますが

非常に有用なテクニックなので

是非、活用してみてください


ポモドーロテクニックを使うために

基本的には以下のものが必要となります

  • タイマー
  • タスク管理ツール


ちなみにぼくは以下のWEBツールを

用いてポモドーロテクニック

つかっています


タイマー

Stay focused. Accomplish more – Pomello

タスク管理ツール

trello.com


ポモドーロテクニックのやりかた

以下はぼくのやりかたなので

参考にしたうえであなたに合ったやり方に

調整してみてください


1. タスクを洗い出す

Trelloにタスクを書き出す作業です

ぼくは毎朝最初のポモドーロで

この作業をおこないます


具体的には、以下のようなかんじです

f:id:tocguitar1:20170403112521p:plain

ToDoリストに溜まっているタスクを

適切なリストに配置します


ちなみに各リストの概要は以下

リスト 概要
ToDay 今日やるタスク
Done 終わったタスク
ThisWeek 今週やるタスク
ToDo タスク一覧


ポモドーロテクニックの説明のため、

ぼくの実際のTrelloの運用方法とはちょっと違うのですが、

実際の運用方法の話をすると、本記事との趣旨とそれてしまうので

また別記事などにしてみたいとおもいまっす


2. ポモドーロの実施

PomelloでToDayリストからタスクを選択し、さっそく作業開始です


3. 5分の休憩

25分の作業が完了したら5分の休憩をとります


4. 2 ~ 3 を繰り返す

4ポモドーロ毎に30分の休憩をはさみます


以上です


おわりに

あまり中身のない記事になってしまいましたが、

ポモドーロテクニックのなにがすごいかは

きっとやらないと実感できません


簡単に実施できますが、おそらくむずかしいのは

ポモドーロテクニックの習慣化です


何事も習慣化できるまでは

なかなか効果を感じにくく、挫折しがちですが

このポモドーロテクニック

確実にあなたの生産性、効率性をあげてくれることでしょう!


それではよいポモドーロライフをお送り下さい!