WindowsのSSHクライアントをTeratermからPuttyに変えた

f:id:tocguitar1:20170405153233j:plain

はじめに

ずっと使い慣れ親しんできたTeratermに別れを告げ、

Puttyへ乗り換えたという甘く切ない物語


なぜ乗り換えたのか

Teratermを使っていた理由

普段は仕事でWindows機を使っています

エンジニアになって最初に触ったSSHクライアントがTeratermでした

Teratermを使っている理由はまさに

最初に使ったからというのが大きな理由となります


メリットしては現在数百台のサーバーを運用・管理しているのですが、

当初は100台程度だったので、TeratermのMenu機能で事が足りていたんですね

Tera Term Menu Tutorial

あとはTeratermマクロという機能があるのですが、

NW機器系のコンフィグやログを採取する際に

Teratermレンダリングエンジンがしょぼいため、

あまり多くの情報を標準出力させるとログの表示が欠損したり

表示がおかしくなったりするのでマクロを作成して回避する

というような少しめんどくさいこともしたりすることもあります

mag.osdn.jp

そんなこんなで特筆すべき使っていた理由はなく、

まさになんとなくということです


Teratermのデメリット

最近は基本的にVim+tmux+zshという構成で

色々と作業することが多いため、以下の点が大きな問題となっていました

  • tmuxで画面分割した状態でログなどをドバーッと流すと表示がおかしくなることがある
  • 全角半角でフォントを別々に設定できない


Puttyへ変更するメリット

Puttyは上記であげたデメリットをすべて解消してくれます

tmuxで各種サーバーへ接続しているため、

レンダリングエンジンの強さは非常に重要な要件となります

また、フォントを適切に設定することで

見た目もいい感じになり、やる気が出てきますw


乗り換えの仕方

ダウンロード

以下のリンクからレンダリングエンジンが

Direct2D/DirectWriteのモジュールをダウンロードします

使い方も同じページに書いてあるので参考にしてください

iceiv+putty

PuTTY 0.60 ごった煮版 2007年8月6日版 に 諸々の機能 を追加したものをベースに、 テキストレンダリングエンジンを GDI から Direct2D/DirectWrite へ変更した、 アンチエイリアスとか半透明とかの単語に反応する人向けベータテスト準備中バージョン PuTTY です。


フォントの設定

メインのフォントはTop10Programmingで

1位になったInconsolataを使っています

hivelogic.com


日本語フォントにはMeiryoUI、

代替フォントにもMeiryoUIを使用しています

f:id:tocguitar1:20170130095906p:plain


全角、半角のフォントを別々に分けられることで

日本語も良い感じに描写してくれます^^

f:id:tocguitar1:20170130100138p:plain


終わりに

いやー、いままで気になっていた部分がすべて解消されとてもいい感じです!

そしてPuttyは「プティ」ではなく「パティ」と読むらしいのですがどうでもいいですねはい!

それでは良きPuttyライフをお過ごし下さい\(^o^)/